聖パウロ学園について
聖パウロ学園について

建学の精神

聖パウロ学園の、建学の精神。

建学の精神

建学の精神

聖パウロ学園は、カトリック系の学園として1948年に創設されました。
その建学の精神は、他人への思いやりに満ちた人間形成を原点とした教育です。 建学以来、少人数教育を守り通してきたのは、その精神によるものです。

またカリキュラムの中に、華道、茶道、乗馬、海外研修などが多彩に盛り込まれているのも、画一的でなく、本物にふれるさまざまな学習体験を通じて視野を広げ、学問に、自然に、文化に関心を持つこれからの時代にふさわしい知性や感性を身につけた人間を育てたい、との願いが本校にはあるからです。

大きな森につつまれた聖パウロ学園には、ゆとりの中で学ぶ理想的な環境があります。 教師たちも惜しみなく情熱を傾けています。 説明会や見学会も随時行っていますので、ぜひ足を運んでみてください。

Ask and it will be given to you, seek, and you will find, knock, and it will be opened to you. For everyone who asks receives, and he who seeks finds, and to him who knocks it will be opened.
“Therefore, whatever you want men to do to you, do also to them.”

求めなさい、そうすれば与えられる。探しなさい、そうすれば、見つかる。 門をたたきなさい、そうすれば、開かれる。 だれでも、求める者は受け、探すものは見つけ、門をたたく者には開かれる。・・・
「だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、人にしなさい」(マタイ第7章)