部活動紹介
部活動紹介

馬術部

ひとりはみんなのために

目標
個人・団体で全国大会優勝!

活動日・活動内容

練習 オフ 練習 練習 練習 自主練 自主練
土日は大会が入ることがあります
活動内容
馬の手入れ(騎乗前後の世話・馬房清掃・餌やり等)

戦歴(過去3年)

  成績
2016年度 関東高等学校馬術選手権大会 準優勝
2016年度 全日本高等学校馬術選手権 出場
2017年度 関東高等学校馬術リーグ戦 優勝
2017年度 全日本高等学校馬術選手権 出場
2018年度 関東高等学校馬術リーグ戦 優勝
馬術部 馬術部 馬術部

メッセージ

馬術というスポーツは,数あるスポーツの中でも唯一生き物と行う競技です。そのために練習をする場合も騎乗する馬を気遣いながら騎乗技術を学び,大会等での目標に向かう場合は人と馬がともに調子を整えて挑みます。 また,日頃の世話や体調管理を通して馬と心を通わせていきます。

聖パウロ学園馬術部では,その馬術競技を通して人としての成長と,馬術の全国大会出場を目指しています。伝統ある馬術部は,インターハイ準優勝を始め,関東大会優勝や個人選手権の全国大会出場などの成果を収めています。

この素晴らしい伝統と環境の中で,新しい自分を見つける挑戦をしてみませんか。

馬術部コーチ

Massage
馬術部 馬術部

“馬術”という人と馬が一体となって活動するスポーツを体験できる学校は,都内でも数校しかありません。聖パウロ学園高等学校の敷地には,馬場が2つあり,厩舎に馬が40頭ほどいます。八王子乗馬クラブのコーチに指導をしていただき,平日は4日活動しています。野球やサッカーのように扱うものが「球」ではなく,「馬」という生き物である以上,24時間の世話が必要になります。もちろん一人の力だけで成り立つ部活動ではありません。

したがって,単に騎乗するだけでなく,馬の世話———具体的には騎乗前後の手入れや餌やり,馬房の清掃等,すべて部員が行います。馬術経験がある生徒もいますが,もちろん初心者も入部できます。本学園馬術部は人とのつながりを大切にしているため,先輩や後輩とのつながりを意識しながら,部員全員で協力して活動しています。日々の練習では,個人の技能向上ももちろんですが,個人だけでなく,チームパウロの団体で結果を残せるように日々練習に励んでいます。

人が人を信頼するように,人は馬を信頼し,逆に馬は人を信頼します。その信頼関係の上に,馬場内を綺麗に騎乗することや,高い障害を飛ぶという「人馬一体」の演技を披露することができます。そこに感動が生まれ,パートナーとしての信頼関係が結べるのです。

非日常で貴重な環境で体験ができる“馬術”を通して,技術だけでなく,人として一回り成長してみませんか。

顧問

馬術部
馬術部
馬術部
馬術部