NEWS
NEWS

学園生活

2020年12月11日

学園生活

みことばの祭儀

例年であれば、この時期、「クリスマスミサ」にあずかります。今年は全校生徒が聖堂に集まることが難しいため、学年ごとにサロンに集まり、サレジオ会の関谷神父様にお願いして「み言葉の祭儀」となりました。今年度初のカトリック行事です。
「み言葉の祭儀」に入る前に、神父様が「全員で音を合わせて拍手する」というゲーム要素のあることをしてくださり、生徒たちは周囲に合わせて手をたたきます。何度かやっていくうちにうまくいったりいかなかったりしましたが、みんなでやるから楽しいことに気づきます。そこから、神父様が「人間はともにいることを喜ぶ」存在であること、そして「愛」とうことの本質についてのカトリック的な考え方をお話しくださいました。
「み言葉の祭儀」は、聖書の言葉を味わい、神父様からはクリスマスの起源や、神様が人間に抱いてくださっている思いなど、高校生に届く丁寧な言葉でお話がありました。
クリスマスの本来の意味を考える時間となりました。