NEWS
NEWS

学園生活

2020年10月7日

学園生活

パウロフェス開催!

ついに待ちに待ったパウロフェスを開催しました。今年は、「体育祭」と「文化祭のステージ発表」を融合させ、一般公開はしない形での実施となりました。 この日のために、体育委員をはじめ、急遽招集され結成されたフェス実行委員、応援団やクラス旗担当など、様々な係が全力で準備に取り組みました。この日のために設置された野外ステージは、会場係の生徒たちがLEDでの電飾や、木材を組んで作成した「St.Paul Festival2020」の装飾など、工夫と時間と労力を集結して作成しました。また、体育の授業などでリレーやロープジャンプ、大縄跳びなど、全校生徒が練習に励み当日を迎えました。

開会式では、各団の個性あふれる入場行進。そして全体での準備運動は、オンライン期間中に全校生徒が家で取り組んだウォーミングアップのダンスで一体感が高まります。 最初のプログラムは、軽音楽部によるライブ。生徒たちのテンションが上がっていきました。 そして、いざ、競技種目へ。クラス対抗リレーでは、1年生は、緊張が見られましたが、全力で駆け抜けることに集中していました。2年生、3年生は走っている一人ひとりの生徒にクラス全員でエールを送っている姿にクラスの結束の強さを感じることができました。 その後も軽音楽部の2ndライブやアルティメットなど今までの体育祭にないプログラムで進行していきます。例年であればクラス対抗ムカデ競争をする1・2年生は、「密」を避けるために今年はロープジャンプという新種目を設けました。応援合戦や3年大縄跳び、色別対抗リレーなども例年以上の盛り上がりを見せ、最後は全校生徒でダンス部のステージでパウロフェスの幕を閉じました。

今年度は大きな行事がなかなかできない中でしたが、様々な工夫を凝らして無事に1日を終えることができました。準備、本番はもちろんのこと、片付けまでも、生徒たちは主体的にそして意欲的に取り組み、きらきらとした笑顔があちらこちらではじけていました。大きな充実感と満足感に満ちた1日となりました。