NEWS
NEWS

学園生活

2019年6月11日

学園生活

体育祭が行われました

6月1日土曜日、体育祭が行われました。
今年のスローガンは「No Limit ~成さぬ賢者より、成せる愚者であれ~」です。令和初となる今年の体育祭は、自分たちに「限界なし」という意気込みで、生徒全員で大いに盛り上がりました。

パウロの体育祭は例年紅白2色のチームに分けていましたが、今年は青が加わり全3色のチームで優勝を競い合いました。

午前中は、女子選抜メンバーによる障害物競争から始まり、クラス対抗全員リレー、女子による玉入れ、男子による棒倒しと予定通り進行しました。クラス対抗全員リレーでは、それぞれのクラスが想いを乗せてバトンを繋いでいきます。今まで築き上げたクラスの団結力のおかげでしょうか、とても順調にバトンパスが行われていました。

男子の棒倒しは迫力の競技です。チームで作戦を立て、棒を守るメンバーと相手陣地に乗り込んでいくメンバーに分かれます。ピストルの合図で、猛烈な勢いで走り出す男子たち。一方で、スクラムを組むように棒を守る男子たち。激しいせめぎあいで勝敗がつきます。この競技は、見に来てくださっている保護者の方や女子たち、そして教員も、その迫力に圧倒されて応援に熱が入ります。

午後のスタートは応援団によるダンス。午前の疲れを吹き飛ばすような元気なダンスを披露してくれました。その後は、全クラスが最も力を入れて練習してきた学年種目。1年生はムカデ競争、2年生は大ムカデ競争、3年生は大縄跳びを行いました。どのクラスも声を合わせ、必死に頑張っていました。

最後の色別対抗選抜リレーが終わるまでどの色が優勝するかわからない展開でしたが、リレーで見事勝利した白組が優勝を収め、体育祭の幕を閉じました。

天候にも恵まれ、大いに盛り上がった体育祭となりました。生徒の皆さん、本当にお疲れ様でした。次の大きな行事は秋の文化祭。より一層の盛り上がりを目指し、準備を始めていきたいと思います。