NEWS
NEWS

学園生活

2019年5月30日

学園生活

新入生歓迎レクリエーション

4月27日(土)新入生歓迎レクリエーションが行われました。

1・2・3学年すべての生徒を縦割りでチーム編成して行うスポーツ大会です。学年の枠を越えた関わりを大切にする、全寮制時代からのパウロの伝統行事です。在校生の多くにとっても、“あの時から先輩と仲良くなった”、“あの時からパウロになじめた” などと思い出深いものになっているようで、1年生にとって印象深い行事となるようはりきっています。

まずは全体で開会式。頼もしい開会宣言から幕を開けました。あいにくの空模様でしたが、生徒の元気な宣言と共に雨も上がり、予定通り競技スタートです。

男子はグラウンドでサッカー、女子は体育館でバスケットボールです。まずは顔合わせです。各チームで緊張している新入生に先輩たちが声をかけます。
3年生を中心にチームごとに作戦を立てています。さすが元気なパウロ生。打ち解けるのが早いですね。

試合が始まると、学年は関係ありません。一人ひとりが積極的にボールを取り、ゴールを狙います。
決勝戦は大盛り上がりでした。

女子もバスケットボールで白熱しました。
普段の授業の中だけでは見られない生徒たちの頼もしい姿をたくさん見ることができました。

最後は全校生徒が見守る中、女子バスケットボール優勝チームと教員チームとのエキシビジョンマッチもありました。
教員も含め、学校全体が一体となって盛り上がれる行事があることも、少人数制の聖パウロ学園ならではの光景です。

今回のレクリエーションで改めて新入生を歓迎し、学年の枠を越えた親睦を深めていくことができたのではないでしょうか。
6月には体育祭があります。このレクリエーションで築き上げたチームワークをさらに深め、より一層盛り上げてくれることを期待しています。