NEWS
NEWS

学園生活

2018年12月18日

学園生活

クリスマスミサ

  クリスマスミサは、主キリストがこの世に人間の姿で生まれてくださったことを心に覚え、 主の恵みに感謝するために行います。司式はサレジオ神学院の田村神父様です。
   神父様のお話の中で、傷ついた小鳥を看病するために馬小屋に導こうとしているのに、小鳥に恐れられて思いが通じない男が、神様から人間への思いも同じなのではないかと思い至るという物語が紹介されました。
   神様は、いつも私たちのことを思い、様々に導いてくださるのに我々はその導きになかなか気づけないのかもしれません。また、大切な人のために祈ること、祈りの力は目には見えないけれど大きなものであることをお話しくださいました。
   家族や友人との楽しいクリスマスも大切ですが、今日のミサをきっかけに、神様の導きや、他者を思い祈ることに思いを致す時間をとれたらいいのではないかと思います。 皆さま、よいクリスマスをお過ごしください。