NEWS
NEWS

馬術部

2019年6月11日

馬術部

個人戦全国大会出場決定!

6/7(金)~6/9(日)に津久井馬術競技場にて第62回関東高等学校馬術選手権大会(個人戦)が行われました。この大会は8月の全国大会出場をかけた大会でもあります。本校からは4名が出場しました。
大会初日の金曜日,関東ではあいにくの梅雨入りとなり,大会期間中はほとんど雨の中での試合となってしまいました。

第1次予選では自馬で部班(速歩までの号令で、ライダーの騎乗姿勢が審査される競技)と基本障害でした。44人中18名が2次予選に勝ち上がりました(本校は3名が勝ち上がり)。

第2次予選では貸与馬に乗って,馬場馬術(20m×60mの長方形の馬場で行う演技の正確さや美しさを競う競技で、《なみあし》、《はやあし》、《かけあし》という3種類の歩き方を基本に、様々なステップを踏んだり、図形を描いたりするもの)でした。くじ運の悪さで,パウロvsパウロという試合となってしまいましたが,3年生の主将が勝ち進み,準決勝に2名が勝ち上がりました。

2次予選で勝ち上がった9名での準決勝でしたが,惜しくも決勝戦まで進むことはできませんでした。最後の順位決定戦で4,5位となり,本校の2名が8月に北海道のノーザンホースパークで行われる全国選手権大会の出場権を手にしました。複数の選手が全国大会(個人戦)に出場するのは初めてのことです。

また,6/18(火)には,御殿場市馬術・スポーツセンターで団体の全国大会出場をかけた予選があります。

馬術部の目標「個人・団体ともに全国大会出場」に向けて日々練習に励んでいます。